セルニュー GAローション

食べて美人へ2 セルニューマニア

身体の内側の『除湿』は食べ物がお手伝い

セルニュートップへ

 

湿(湿気)が影響してくると、体が重たくなり疲労感や食欲低下・下痢・浮腫(むくみ)のもととなります。胃腸の働きが弱まりやすいので、胃に負担の少ない「穀物」を多めにし、天日で干された乾物(ひじき等海藻類、切干大根など)を積極的に摂りましょう。

 

また梅雨の名前にある梅は、旬であり、天日に干す梅干しは特におすすめです。
 そして夏。 気温も上がりエネルギーが旺盛になります。夏の野菜は身体を冷やす役割があり

 

ますので、自然の体内クーラーとしても旬を摂ることは理にかなっています。しかし水分も多いため、過量な水分摂取につながりやすいのが難。余分な水分を排出しやすい食材、ハト麦・西瓜(スイカ)やキュウリなど瓜科の物、緑豆・もやしなどを上手に摂るといいでしょう。

 

 「心」に良いとされている食べ物にトマトがあります。

 

トマトの赤は血と関係し、形も心臓の形に似ていますね。成分であるリコピンは、血管に詰まった脂汚れを分解する働きがあるので、心臓・小腸のみならず循環器系の負担を軽減してくれますよ







ホーム RSS購読 サイトマップ